タロット占いの歴史や方法や色々な専門用語など


by u7je4pfj

カテゴリ:タロット占い( 9 )

タロット占いが大人気!

タロット占いは、歴史と伝統の古い占いですが、
今の時代にもその人気は根強く、とくに若い女性に人気が高いようです。

タロット占いに人気が高い理由は、これだけ世界中でも
有名な占いでありながらも、いまだにそのルーツがはっきりと
解明されていない点が、なんとも神秘的で、ベールに包まれている部分が
魅力的に感じられるからなのかもしれませんね。

インド起源説によると、古代インド時代のヒンズーカードが、
ジプシーによって、ヨーロッパに伝えられ、少しずつ形を
変えていったとも考えられていますが、
古代中国の紀元前2世紀頃に発祥した易のカードが、
ヨーロッパに伝えられたという説もあります。

タロット占いの方法は、実にさまざまで、占いたい内容により、
方法が異なります。ホロスコープ法は、全体運を知りたいときに
よく用いられ、恋愛占いには、
エジプシャン・アンク法という方法で占われるのが一般的です。
[PR]
by u7je4pfj | 2013-11-11 16:21 | タロット占い

タロット占いの特徴

タロット占いが他の占いと大きく異なる点は、
将来的に起こりうるであろうこと、つまり、
未来の自分に起こりこることについて、
先にみることができるということです。
女性に人気の高いタロット占いは、恋愛運について
占ってもらう人が多いですね。

たとえば、恋愛運をタロット占いで鑑定してもらう場合、
「今とても気になる人がいて、思い切って告白しようか迷っている」
という相談を受けた場合に、告白をしたほうがいいのか、
しないほうがいいのか、ということよりも、告白したあとに
恋愛が成就するのかどうか、ということについて
鑑定してもらうことができます。

まだ告白していない時点で、その場で結果を予測できて
しまうというのは、悪い結果だった場合、ちょっと悲しいですが、
あまり結果を真に受けないで、前向きにとらえてほしいですね。
タロット占いでは、恋占い以外にも、結婚運や仕事運、
金運なども占うことができます。
[PR]
by u7je4pfj | 2013-11-11 16:20 | タロット占い

タロットの専門用語

タロットには、いくつかの専門用語がありますので
覚えておくといいでしょう。
タロットの専門用語でよく用いられる言葉が、シャッフルとスプレッドです。
シャッフルとは、タロット占いでカードを混ぜることを言います。
シャッフルの方法にも、占い師により、いろんな方法が用いられています。
タロット占いの相談に訪れた人が、シャッフルに加わることもあります。

スプレッドは、タロット占いの展開法という意味を持ち、
カードの並べ方により分類されます。
陰陽法やホロスコープ法、大ピラミッド法などがあるところを見ると、
やはりタロット占いは、ヨーロッパや中国、エジプトの影響を
受けていることがわかります。

陰陽法では、2枚のカードを縦に配置しますが、
ホロスコープ法では、12のジャンルに分けて、カードを並べます。
大ピラミッド法では、ピラミッドの形になるように最上段は1枚、
最下段は12枚のカードを並べます。
[PR]
by u7je4pfj | 2013-11-11 16:20 | タロット占い

タロット占いの方法は?

タロット占いは、ちょっぴり神秘的なムードが漂う占いで、
若い女性にとくに人気があります。
タロット占いの前は、気持ちを落ち着かせて、リラックスしましょう。

まずは、どんな内容について占いたいのか、はっきりさせましょう。
心の準備が整ったら、シャッフルして、タロットカードを並べます。

カードは、時計回りの方向に回すのが良いとされています。
占い相手がいる場合は、相談者にもシャッフルしてもらいましょう。

シャッフルの次にカットを行い、スプレッドに従い、
上から順に1枚ずつカードをめくりながら、展開させて、解釈します。

タロットカードは、1枚ずつすべてに意味がこめられていて、
最後のカードだけが最終的な結果となるわけではないので、
1枚ずつのカードの意味を理解しましょう。
[PR]
by u7je4pfj | 2013-11-11 16:16 | タロット占い
タロット占いで用いるカードには、さまざまな種類があります。

タロットカードを大きく2種類に分けると、
大アルカナと小アルカナがあります。

大アルカナは、0、1~21と番号が振られていて、
1は魔術師、21は世界、そして、0は「愚者」のカードといったように、
カードにはそれぞれ意味があります。

大アルカナのカードは、人生のおおまかな流れを表すカードで
全体運をあらわします。

小アルカナは、1~10までの各スートのカードと、
王子・騎士・女王・王の4枚のカードで、
合計14枚のカードで構成されており、人間関係や
生活環境などをあらわすカードです。

大アルカナと小アルカナのそれぞれのカードの特徴や
性質などを理解して、カードを開いたときに、

全体のおおまかな流れをつかみ、ストーリー性を持たせることで、
運勢がわかり、今後に向けてのアドバイスができます。
[PR]
by u7je4pfj | 2013-11-11 16:16 | タロット占い
タロットカードには、1枚1枚異なる絵が描かれており、
それぞれのカードにはキーワードがあります。

魔術師のカードには「創意」、法王のカードには「包容」、
戦車のカードには「勝利」、恋人のカードには「選択」、
悪魔のカードには「欲望」、月のカードには「曖昧」、
太陽のカードには「陽光」、審判のカードには「再生」、
塔のカードには「崩壊」、星のカードにし「希望」
という意味があります。

それぞれのカードにさまざまな意味を持ち、タロットカードは
全部で78枚ありますから、78種類の意味を持つことになります。

ひとつひとつのカードの意味を知るのは大変ですが、
1枚ずつキーワードと合わせて覚えることで、カード全体を
見たときのストーリーが把握できるようになります。
[PR]
by u7je4pfj | 2013-11-11 16:15 | タロット占い

タロット占いの歴史

タロット占いは、世界的にも有名な占いで、ヨーロッパやエジプト、
アジアでもよく知られている占いですね。
しかし、その発祥地はいまだにはっきりと解明されておらず、
エジプト、イタリア、中国、インド・・・など、いろんな説があります。

14世紀には、北イタリア地方ですでにタロット占いが普及していたとも
言われており、タロットカードでは世界最古とされる
カードが作られたと言われています。

17~19世紀頃になると、ヨーロッパ各地にタロット占いが普及して、
とくにフランスで人気を呼び、マルセイユで作られた
タロットカードが、世界各国に広がったとも言われています。
タロットという言葉の意味は、エジプト語では道の王と
いう意味を持ち、タロウと呼び、フランスではタロと呼ばれています。
[PR]
by u7je4pfj | 2013-11-11 16:14 | タロット占い

タロット占いで開運

長年の不景気により、人々はなんとか良い運を呼び込みたいと思い、
風水や占いなどが人気を集めているようですね。
まさに開運ブーム到来といった感じですが、タロット占いは、
過去や現在、そして未来を予測するなど、幅広い範囲で占いができます。

ところで、開運という意味はいったいどのような意味を持つのでしょうか。
「運を開く」と書いて開運と言いますが、本来、その人が持っている
後天的なエネルギー、または先天的なエネルギーを、
タロットでは現在・過去・未来という時間の軸と
絡み合わせながら分析していくことにより、どのように
向かっていけばいいのか、その対応策などを見出していきます。
タロット占いには、星占いや手相占いとはまた違った魅力が感じられますよね。
[PR]
by u7je4pfj | 2013-11-11 16:14 | タロット占い

タロット占いとは?

タロット占いと言えば、西洋の占いでは星占いとともに、
有名な占いのひとつですよね。
タロット占いは、タロットと呼ばれるカードを用いて行う占いで、
タロット占いには22枚のカードを用いて占う方法と、
もうひとつには、56枚のカードと22枚のカードで占う方法もあります。

タロット占いは、世界的にも有名な占いですが、
なぜかそのルーツに関しては、はっきりとしておらず、
古代エジプトが起源であるという説もあれば、
古代ユダヤが起源であるという説もあります。
15世紀頃のヨーロッパで流行したゲームがそのルーツでは
ないかという説もあります。

いまだにその歴史やルーツも解明されていないというのが、
なんとも神秘的で不思議ですよね。
[PR]
by u7je4pfj | 2013-11-11 16:13 | タロット占い